こんにちは!弊社は、群馬県北群馬郡に拠点を構え、全国各地で太陽光パネル設置工事とそれに付随する土木工事、電気工事を行っている株式会社真創建です。
真創建では少数精鋭の強みを生かして、迅速で丁寧な施工に努めております。
太陽光パネルは設置して終わりではありません。
設置したパネルがきちんと発電できているかを確認して、きちんとメンテナンスすることが重要です。
今回は、発電効率を高める太陽光のメンテナンスについてご紹介します。

飛来物による発電不良

外に設置されている太陽光パネルには、風や雨で飛ばされてきたさまざまな物がぶつかります。
木の枝や砂などに加えて、台風や竜巻では太陽光パネルが凹んでしまうくらいの衝撃の飛来物がぶつかることも考えられます。
さまざまな物がぶつかり、太陽光パネルが故障してしまうと、その部分だけ発電しなくなることがあるのです。
そのため、パネルが壊れていないか定期的に確認を行う必要があります。

ごみの付着

太陽光パネルの発電を遮る原因の一つに、ごみの付着があります。
風で飛ばされるのは飛来物だけではありません。
花粉や黄砂などがパネルに付着して、太陽光を遮ってしまうこともあります。
そうするとパネルに当たる太陽光が少なくなってしまうので、発電効率が落ちてしまうのです。
太陽光パネルの掃除は、パネルの表面を傷つけないように行う必要があります。
そのため、普段から太陽光パネルを扱っている職人の腕の見せどころです。

パネルを遮る雑草

気を付けるのは太陽光パネルの表面だけではありません。
郊外の遊休地などに太陽光パネルを設置している場合は、伸びてくる雑草に注意する必要があります。
伸びてきた雑草が、太陽光パネルに影をつくってしまうとその部分は発電されません。
見落としがちな部分ですが、太陽光パネルを設置している周りの雑草や木の葉にも気を配る必要があるのです。

【求人】真創建では新規スタッフを募集中!

現在弊社では現場スタッフを募集しております。
経験、未経験は問わず、やる気のある方を歓迎しております。
これからの需要が高いといわれている太陽光パネル設置工事で一人前の職人になりませんか?
熟練の先輩スタッフがしっかりサポートするのでご安心ください。
太陽光パネル設置工事の技術を身に付けたいという皆様からのご応募をお待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


株式会社真創建
〒370-3503
群馬県北群馬郡榛東村大字新井2508-7
TEL:070-1231-0777