こんにちは!拠点を構える群馬県北群馬郡から、全国各地において太陽光パネル設置工事を行っております、株式会社真創建です。
工事現場は、常に何らかの事故やリスクと隣り合わせであるというイメージを持たれている方は多いのではないでしょうか。
工事に携わりたい求職者の方は、現場にはどのような危険があるのか、そして事故を避けるために行える安全対策を把握しておきたいところです。
そこで今回は「太陽光パネル工事は危険な工事?」をテーマにご紹介したいと思います。

事故の危険は比較的少ない

まず結論からいうと、太陽光パネル設置工事は比較的事故の危険が少ない工事であるといえます。
巨大な重機の近くや、高所の不安定な場所などで工事をすることが比較的少ないからです。
とくに地面に直接設置するタイプの現場であれば、作業場所は地面であり、そして組み立てる資材も大きく重いといったことはありません。
地に足をつけて、作業を行うことができるのです。
しかし注意すべき点が何もないわけではありません。
巨大ではないとはいえ、資材の扱いには十分注意する必要があり、パネル設置後の電気工事では感電などにも注意する必要があります。
それでも全体的には、事故の危険が少ない工事といえます。

安全に作業を行うコツとは

より安全に作業を行うために気をつけるべき点をご紹介いたします。
まずグループ内でしっかりと連携することが挙げられます。
太陽光パネル設置工事は、グループで行う工事であるため、その中での足並みが乱れていると思わぬ事故を引き起こしてしまうかもしれません。
太陽光パネル設置工事と、それに付随して行われる土木工事、電気工事のすべてに共通しているのは、丁寧に行うほど事故の危険が少ないということなのです。

【求人】真創建では新規スタッフを募集中!

弊社では、ともに太陽光パネル設置工事を行ってくれる方の求人を行っております。
業界未経験で不安という方もご安心ください。
明るく前向きな弊社スタッフが、一から丁寧に指導いたします。
仕事のオンオフをきちんと区別し、バーベキューなどの親睦を深めるイベントも行っている楽しい職場ですので、ぜひお気軽にご連絡ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


株式会社真創建
〒370-3503
群馬県北群馬郡榛東村大字新井2508-7
TEL:070-1231-0777